メインイメージ

オルニチンで疲労回復

オルニチンは疲労を回復させてくれるという効果も期待できる成分です。
肝臓の最大の働きとして挙げられるアンモニアを解毒する働きやエネルギーを産出する為の働き、さらにはブドウ糖を合成する働きなどを活性化させてくれることが最大の背景と言えるでしょう。

特にアンモニアの解毒を促進させることはエネルギーの生産やブドウ糖の合成に直結します。
その為、非常に効果的に疲労回復の効能を得ることができるのです。

オルニチンサイクル

オルニチンサイクルとはエネルギー生産の妨害になってしまう成分<アンモニア>を分解するオルニチンの働きと、その仕組みを指しています。
オルニチンが増えれば増えるほど、このサイクルは迅速にまわるようになります。
結果的に活力が湧き出ることになるのです。

オルニチンサイクルは、いわゆる尿素回路とも呼ばれています。
簡単に言えば、肝細胞内で尿素を合成する代謝システムですね。
ちなみに、アンモニアはアミノ酸が代謝されたときや激しい運動の後に活発に生じてしまいます。
スポーツ後に筋肉痛などに悩まされている人は特に有効活用できるかも知れません。
例えば、運動前にBCAAなどを摂取して、運動後はシジミを食べたり、オルニチンのサプリメントを摂取するなど。
これによって翌日以降の疲労度が大きく変わる可能性もあります。

さらに、細胞内におけるミトコンドリアの内部でもTCAサイクルと呼ばれるエネルギー生産が行われています。
このサイクルもエネルギーを生み出して疲労を回復したり活力を得る為に欠かせない人間の機能ですが、ここでもアンモニアは邪魔をしてしまいます。
ミトコンドリア内部のバランスが乱されて正常にエネルギーを生産することができなくなってしまうのです。
そこで役立つのがオルニチンという訳です。

まさにオルニチンは体の内部における救世主と言っても良い成分でしょう。

アルコールに対して

お酒は少量であれば身体に良いとも言われていますが、飲みすぎると身体に負担をかけてしまいます。
とくに肝臓には負担が大きいと言われていますね。
また、アルコールによって疲労が大きくなるとも言われています。
実は、これはアルコールを摂取することでNADHという成分が分泌されて、この成分のせいで脳のエネルギー生産が間に合わなくなることに因ります。
これに対してもオルニチンがアンモニア解毒をすることによってNADHが消費されるので、脳のエネルギー生産がスムーズに行われるように改善されるのです。
アルコール性疲労に対してもシジミ・オルニチンは役立ちます。

トップに戻る