メインイメージ

オルニチンの豆知識

オルニチンという成分は人間にとって非常に有効な働きをしてくれますが、それに対して知名度はまだまだ低い。
情報に関してもどうしても分からない・知らないことが多い人が少なくありません。
ここでは、そんな疑問に丁寧にお答えしていきます。

摂取量

まず第一に気になるのは、オルニチンの摂取量ですよね。
サプリメントなら一日の摂取目安量通りに飲めば良いのですが、それにしても、理想的な摂取目安は知りたいところ。
食事(特にシジミなど)からの摂取を考えている場合であれば、必ず知っておきたいポイントです。

もちろん少なすぎれば効果を実感することはできないでしょう。
逆に沢山摂り過ぎても良いものではありません。
何事も丁度いいのが一番なのです。

ずばり、結論から言えば理想的な摂取目安量は一日あたり最低400mgと考えられています。
最大の上限としては800mg程度を目安にしましょう。

しかし、この情報を知ってしまうと、食品からの摂取がいかに難しいかが分かります。
もっともオルニチンが豊富に含まれていると言われている食材はシジミですが、このシジミでも100mgあたりに11~15mg程度しか含まれていません。
100mgのシジミというのは数に変換すると約35個くらい。
ということは、最低限の摂取目安量の400mgを摂取する為には一日に900個近いシジミを食べなければいけません。
これは、かなり不可能に近いですよね。
その他の栄養価を過剰摂取しすぎて、逆に病気になってしまうのではないでしょうか。
だからこそ、サプリメントを活用したいところです。

安全性

オルニチンはシジミのほか、パンやチーズ、ヒラメなどに配合されています。
つまり、特に意識しなくても日常的に微量は摂取しているのです。
この事からも分かるとおり、副作用などの危険性はありません。

もちろんサプリメントなどによってしっかりと量を摂取しても特に危険性などはありません。
現状、重篤な副作用の報告はありませんから安心して摂取することができるでしょう。

ただし、あまりに摂り過ぎてしまった(過剰摂取した)場合は問題があるかも知れません。
もちろん常識的な範囲であれば問題はないのですが。
例えば、一日に上記した適量の10倍以上(10g)を摂取した場合は腹痛や下痢が生じることもあるようです。
よっぽどサプリメントを沢山飲まない限りは大丈夫でしょう。

摂取できない人

オルニチンは食品にも含まれているもので医薬品ではないので誰でも摂取することができます。
子供からお年寄りまで健康を心がけるならぜひ活用しましょう。
妊娠中や授乳中でも問題ありません。
ただし、心配な場合は医師に相談してから飲むのが良いでしょう。

トップに戻る