メインイメージ

運動前にもしじみ

1.しじみの摂るタイミング!
しじみには肝臓の働きを助けるオルニチンを始めとしたあらゆる栄養成分が含まれています。それらの栄養素が体内で効果を発揮するためには、摂るタイミング も非常に重要です。

例えば、オルニチンには肝臓でアルコールの代謝、分解を助ける働きがありますので、お酒を飲む前にオルニチンを摂った方が、二日酔いの症状を予防をすることができると考えられます。
では、運動前にしじみを摂るとどういった効果が得られるのでしょうか?

しじみに含まれるオルニチンには成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。
成長ホルモンは、細胞の代謝を促す働きがあります。
細胞の代謝が促進されることで基礎代謝が上がります。
基礎代謝が高ければ、ウォーキング、ジョギング、ヨガなどの軽い運動でも脂肪燃焼効果は高くなります。

さらに、オルニチンは肝臓の機能を高める働きもします。
基礎代謝が行われる部位は主に、肝臓、筋肉、脳、腎臓、心臓です。
そのうち、肝臓は全体の3割もの基礎代謝を担っています。
つまり、肝臓が疲弊している状態では基礎代謝も低下しますので、その状態で運動をしても脂肪燃焼効果は低いのです。
オルニチンを摂って、肝臓が元気な状態で運動をすることでより高い脂肪燃焼効果を得ることができるのです。

このように、運動前にしじみを摂って基礎代謝が高い状態で運動をした方が、運動効率が高いと考えられます。


2.運動後にもしじみがおすすめな理由
脂肪燃焼効果を高めるためには運動前のしじみを摂ることがおすすめです。
だからといって、運動後にしじみを摂っても効果が無いというわけではありません。
上記でも述べたように、目的によってしじみを摂る最適のタイミングは変わります。
運動の効果をより高める目的でしじみを摂るなら運動前であって、傷ついた筋肉を修復し、肉体の回復を早めるためには、運動後にしじみを摂った方が良いでしょう。
筋力トレーニングの後にプロテインを飲むのは、運動によって損傷した筋肉を回復させる栄養素がプロテインに含まれている豊富なタンパク質だからです。
しじみにもタンパク質の材料となる豊富なアミノ酸が含まれていますので、運動後にしじみを摂って筋肉を回復させるという原理はプロテインと同じなのです。

運動前後にしじみを摂るならば、サプリメントやエキスがおすすめです。
しじみはそのままでも消化、吸収の良い食べ物なのですが、サプリメントやエキスなどの手軽な状態に変わることでより運動後の吸収が早くなります。
しじみを摂って、運動の効果を高めましょう!

トップに戻る