メインイメージ

しじみで癌予防

1.しじみがガン予防になる!?
しじみがガン予防になるのは、本当です。
その理由は、しじみに含まれる豊富なミネラルにあります。
もちろん、ミネラルを補給した程度でがん細胞を死滅させることは出来ません。
しかし、がん細胞をつくらせないためには、免疫力と抗酸化力をしっかりと備えておく必要があります。
がん細胞から体を守る免疫力と抗酸化力はミネラルが不足していると十分な力を発揮することが出来ません。
体の健康に必要な基本的な栄養素は、タンパク質、炭水化物、糖質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素です。
その中でもミネラルは、食事に気を遣っている人でさえ不足しがちな栄養なのです。
だからこそ、ガンに不安のある方は、通常の人よりも意識的にミネラルを摂る必要があります。
そこで、ガン予防として期待されている食材がしじみなのです。
海水と淡水が混ざった場所で育っているしじみはミネラルが豊富ですし、ビタミンも含まれていますので、ガンに不安のある人にはピッタリのミネラル補給食材です。


2.抗酸化作用と免疫力を高めるために
上記で述べたように、ガン予防のためには抗酸化作用と免疫力を高めることが重要になります。そのためにミネラルが活躍するのですが、ひとえにミネラルといっても、ミネラルにはたくさんの種類があります。
例えば、カルシウム、鉄、亜鉛などもミネラルです。
しじみに含まれているミネラルは、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンです。その中でも、とくに特出して含まれているミネラルが、カルシウム、鉄、亜鉛、銅、マンガンです。
では、しじみのどのミネラルが抗酸化作用と免疫力を高めるのでしょうか?

・免疫力を高めるミネラル
免疫力を高めるミネラルはカルシウムと鉄分です。
しじみに含まれるカルシウムは骨をつくるために必要な栄養素としても有名ですが、実は免疫力をつくるための酵素を活性化させたり、ホルモンの分泌を活性化させたりなど、免疫力を高める働きを担っています。
ですから、体からカルシウムが不足すると骨がもろくなるだけでなく、抵抗力が落ちて、ウイルスや病気にかかりやすくなってしまうのです。
一方の鉄分は、赤血球のヘモグロビンの成分として欠かせない栄養ですが、不足すると、貧血や息切れ、食欲不振、慢性胃炎などが起こりやすくなります。
貧血になりやすい人は、そうではない人よりもがん細胞が発生しやすいので、鉄分を補給して健康な血液を作ることで、体の免疫力も高めます。

・抗酸化作用を高めるミネラル
抗酸化作用を高めるミネラルは、亜鉛、銅、マンガンです。
亜鉛は体の代謝に関わる非常に大切な酵素に働きかける役割があります。
亜鉛が代謝に関わることで、細胞膜の抗酸化作用を高めることが出来ます。
そして、銅は抗酸化酵素である活性酸素除去酵素、通称SODの合成に必要不可欠なミネラルです。
SODは、ガンを引き起こす過酸化脂質の生成を防ぐ働きを持っています。
SODを合成するためには、銅だけでなく、亜鉛とマンガンも必要です。
つまり、より高い抗酸化作用を備えるためには、亜鉛、銅、マンガンのミネラルが欠かせないのです。

以上のように、しじみにはガンから体を守り、対抗するために必要なミネラルが揃っていますので、ガンに不安のある方、ガンを予防したい方は、しじみでのミネラル補給がおすすめですよ。

トップに戻る