メインイメージ

しじみで白髪予防

1.しじみは白髪予防食材!
白髪になる原因は人によって異なりますが、白髪が出来るメカニズムはメラニン量不足にあります。
髪の毛に色をつける色素を「メラニン」といいます。
白髪が生まれるのは、髪の毛に色を付けるメラニンの量が少ないからです。
遺伝や何らかの病気以外で、メラニンの量が少なくなってしまう原因は主に3つ考えられます。
1.栄養不足
2.ストレス
3.生活習慣の乱れ
これらの原因を改善するために有効な食べ物がしじみです。
しじみには、髪の毛の色をつくるメラニンを生成する栄養が豊富に含まれています。
さらにストレスを緩和させ、乱れた生活習慣によって疲弊した体を回復する働きもあります。


2.しじみに含まれる白髪予防成分
しじみに含まれる白髪予防成分は、銅、葉酸、ビタミンB12、オルニチンです。
では、これらの成分がどのように白髪を予防するのかをご説明します。

・銅が色素をつくる
髪の毛の色は、毛母細胞の隣にある色素細胞(メラノサイト)が黒い色を付けています。
黒色の色素は「チロシン」というアミノ酸です。
そして、チロシンをチロシナーゼという酵素によって黒髪にするのですが、チロシナーゼが作用するためには銅が必要です。
銅が不足するとチロシナーゼが上手く働かず、髪の毛を黒色にすることが出来ません。
しじみには銅を始めとしたミネラルが豊富に含まれていますので、チロシナーゼを働かせ、白髪を改善します。

・葉酸が毛根に色素を届ける
髪の毛の黒色の素となるチロシンは、血液にのって毛根に運ばれていますので、血行不良や貧血が起きると、チロシンが毛根まで届きにくくなります。
しじみに含まれる葉酸には血液を作り出す造血作用があります。
豊富な血液が作り出され、全身の血行が促進されることによって、チロシンをスムーズに毛根まで届けます。

・ビタミンB12がメラノサイト を活性化
しじみに含まれるビタミンB12には、髪の毛の色素をつくる機能を活性化させ、メラニン色素を増やす働きがあります。
さらに、葉酸と同じくビタミンB12も血液を作りますので、全身の血行を促進し、チロシンを毛根まで届ける助けをします。

・オルニチンがストレスを軽減
白髪はストレスが原因で生じることもあります。
ストレスの蓄積によって、活性酸素が色素をつくる機能の邪魔をして白髪が出来ます。
また、ストレスは血管を萎縮させるので、血行不良が起こり、チロシンが毛根まで届きにくくなります。
しじみに含まれるオルニチンには疲労を回復し、精神的なストレスを軽減する働きがありますので、血行不良を改善し、白髪を予防します。

しじみは加齢による白髪にも効果的です。
加齢による白髪の原因は、成長ホルモンの分泌が減少することにあります。
しじみに含まれるオルニチンには成長ホルモンの分泌を促す働きがありますので、加齢による白髪も改善へと導きます。
しじみは、多角的に白髪にアプローチしてくれる有効な食材です!

トップに戻る