メインイメージ

アルコール摂取したときはしじみを

1.アルコールの分解を促すしじみパワー!
アルコールを摂取したときにしじみを摂ると二日酔いの症状を緩和できるといわれる理由は、しじみに含まれるオルニチンがアルコールの分解を促すからです。

そもそも体内に入ったアルコールは肝細胞の働きによってアセトアルデヒドに分解されます。
アセトアルデヒドは体内にとって有害物質ですので、頭痛、吐き気、動悸などのあらゆる不調を起こす原因となります。
通常であればアセトアルデヒドは肝臓の解毒作用によって酸化し、無害な酢酸となることで体外へと排出されます。
しかし、飲みすぎたり、肝臓が疲弊していたりすると、肝細胞で上手くアセトアルデヒドが処理されずに残ります。
このようにアセトアルデヒドがきちんと処理されず、体内に残ってしまうことで二日酔いの症状が起こるのです。

二日酔い症状を予防するためには、飲みすぎないことも大切ですが、肝機能を強化することも重要です。
アルコールを代謝するのは肝臓ですので、肝臓を元気にすることで、アセトアルデヒドの分解も促します。
そこで、肝臓を元気にするしじみが良いのです。
しじみに含まれるオルニチンは肝臓の働きを助けますので、アルコールの代謝、解毒を促し、アセトアルデヒドの分解も助けます。


2.しじみにはアルコールで失われる栄養素も豊富!
アルコールを摂ることによって吸収を阻害されたり、失われたりする栄養素もあります。
それが、ミネラルとビタミンB群です。

ミネラルのナトリウム、カリウム、カルシウムなどはアルコールの利尿作用によって排出が促されます。その結果、体内のミネラルが損失し、それぞれが持つ本来の働きを十分に発揮できなくなります。
ビタミンB群のビタミンB1はアルコールによって吸収を阻害されます。
ビタミンB1は肝臓でアルコール代謝を助ける栄養ですので、不足するとアセトアルデヒドの分解が遅れるリスクもあります。
また、葉酸とビタミンB12もアルコールの摂取によって欠乏します。
しじみには、ミネラル、ビタミンB群がバランスよく含まれていますので、アルコールによって欠乏してしまった分を補充することが出来ます。

このように、しじみに含まれるオルニチン+ミネラルとビタミンB群の働きによってアセトアルデヒドの分解が促進され、体の回復も早くなります。
その結果、翌日に疲労を持ち越さない元気な体を維持することができますよ。
アルコールをより早く分解し、疲労を溜め込まないためにも、しじみを摂って肝臓の働きを強化しましょう。

トップに戻る