メインイメージ

しじみでLDLコレステロール低下

1.しじみにはLDLコレステロールの低下を促す働きがある!
しじみにはLDLコレステロールを低下へ促す働きがあります。
LDLコレステロールは別名「悪玉コレステロール」とも言われていますが、そもそもコレステロールの働きをご存知でしょうか?

コレステロールは脂質です。
脂(あぶら)ですので水にも血液にも溶けない性質を持っています。
役割としては、ホルモンの生成があります。
皮質ホルモン、男性ホルモン、女性ホルモンといったあらゆるホルモンはコレステロールが材料となりますのでコレステロールがなければホルモンの分泌もありません。
さらに、脂質の消化に欠かせない胆汁酸もコレステロールが材料です。
このように、コレステロールは私たちの体にとってなくてはならないのです。
それならば、コレステロールはむしろ摂った方が良いのでは?となりますよね。
しかし、コレステロールは食事をしなくても体内で合成出来る機能を持っていることから、積極的に摂らなくても不足することはほとんどないのです。
むしろ、現代の日本の欧米化した食生活は、コレステロールは摂り過ぎている傾向にあります。

コレステロールにはLDL(悪玉コレステロール)とHDL(善玉コレステロール)が存在します。
悪と名前がつくことから、LDLコレステロールは体にとって悪いものだと思われるかもしれませんが、そうではありません。
LDLコレステロールは全身にコレステロールを供給する役割がありますので、LDLコレステロールがなければ正常なホルモン分泌も、胆汁酸の生成もされません。
では、何が問題なのかといいますと、その量です。
LDLコレステロールの量が多くなると、体内で酸化され、動脈に蓄積します。
その結果、血栓ができたり、血流が悪くなったりといったあらゆる弊害をもたらします。このように、増えすぎると悪さをすることから「悪玉コレステロール」と言われています。

LDLコレステロールに悪さをさせないために役立つのがしじみです。
なぜ、しじみが役立つのかといいますと、しじみに含まれるオルニチンが肝機能を強化するからです。
LDLコレステロールが出来る原因は中性脂肪にあります。
血中の中性脂肪が増えることでLDLが増え、HDLが減り、体内はLDLコレステロールが優位になります。また、中性脂肪は小腸で分解され、体内で吸収された後、肝臓で再利用されるのですが、その中にはコレステロールに合成されるものもあります。
私たちの体は肝臓が正常に働いているおかげで、体内に蓄積される中性脂肪の量が必要量保たれています。
しかし、摂取する脂肪量が多かったり、肝臓が疲弊したりすると、中性脂肪の量をコントロールできなくなるのです。
中性脂肪の増加を防ぎ、LDLコレステロール値の上昇を抑制するためには、肝臓を強化することが重要なのです。

しじみに含まれるオルニチンには肝臓を強化する作用があります。
オルニチンを摂って肝臓を強くすることで、中性脂肪のコントロールを正常に行い、LDLコレステロールの増加を防ぎます。
さらに、しじみに含まれるタウリンには、肝臓で胆汁酸の生成を促す働きを持っています。胆汁酸は血中コレステロールを材料としますので、体内のコレステロールが消費され、コレステロール値の低下も期待できます。
このように、しじみに含まれる栄養素には、増えすぎたLDLコレステロールを間接的に低下させる働きがあるので、コレステロールが気になる方にもおすすめの食品ですよ。

トップに戻る