メインイメージ

小さなしじみで体力を増進

1.しじみが体力増進食品!?
しじみに含まれるオルニチンの大きな働きは、肝臓の働きをサポートすることにあります。そのため、オルニチンを摂ることで得られる効果にも、肝機能の回復・向上があります。
しじみはとても小さな粒ですが、毎日摂って肝臓を元気にすることで、体力の増進も期待できるのです。
では、しじみのどんな働きが体力を増進するのでしょうか?

・疲労物質を代謝
肝臓が疲弊して肝機能が低下すると、代謝・解毒作用が滞ります。
すると、有害物質のアンモニアを解毒するオルニチンサイクルも鈍り、アンモニアの解毒がスムーズに行われなくなります。
アンモニアは疲労物質ともいわれるほどの有害物質ですので、しっかりと解毒されないと体は疲れやすい状態になります。
オルニチンを摂ることで肝機能が高まりますので、代謝・解毒作用もスムーズに行われ、オルニチンサイクルも活発になります。
その結果、疲労物質も溜まりにくくなり、しっかりとエネルギーを生み出せる状態をつくることが出来るのです。

・睡眠の質向上
疲れがとれにくい、翌日も疲れが続いているなどの体の回復が遅れる原因には睡眠が関わっています。
人間の体は寝ているときに修復や回復を行っているので、一定の睡眠時間はとれているのに体は回復していないということは睡眠の質が悪いのです。
睡眠の質を左右するのは成長ホルモンです。
成長ホルモンの分泌が活発になることで、睡眠の質は高まり、ぐっすりと眠ることが出来ます。
しじみに含まれるオルニチンには成長ホルモンの分泌を促す働きがありますので、しじみを摂ることで深い睡眠へと導き、体の回復を促します。

・筋力、免疫力低下を予防
成長ホルモンは睡眠の質だけでなく、筋肉の増強や免疫力のUPにも関わっている重要なホルモンです。
年齢とともに筋力や免疫力が低下する原因には、加齢によって成長ホルモンの分泌が低下することにもあります。
加齢とともに成長ホルモンの分泌は滞りますので、分泌を促すしじみを積極的に摂ることで、筋力や免疫力の低下を予防します。

・肝機能障害を予防・改善
さらに、成長ホルモンの分泌が促されると、肝臓に蓄積されている脂肪を分解するように働きます。
実際に、肝機能障害を持つ人にオルニチンを摂ってもらったところ、肝機能が高まり、あらゆる数値が改善したという実験結果も出ています。

このように、しじみに含まれるオルニチンは肝臓の働きを助けることで体の回復を促します。身体が回復してもなおオルニチンを摂り続けることによって、機能の向上も期待できますので、体力回復→体力増進も目指せます。
小さなしじみですが、継続することによってたくさんの恩恵が待っていますよ。

トップに戻る